身体の湿気取り

こんにちは。Chintau/中医学養生を広め中(@chintau)です。

蒸し暑くなっていますね。

何となく身体がだるい・すっきりしないといった場合は、

もしかして《余分な水分》が溜まっているかもしれません。

 

この記事の見出し—————————————————————————————————–

《湿 しつ》が溜まっているかもしれません

2.《湿 しつ》を取るには(5つのポイント)

3.まだある!何度でも通いたい茶餐廳とは

4.最後に

—————————————————————————————————–

 

 

《湿 しつ》が溜まっているかもしれません

中医学ではこの《余分な水分》のことを《湿 しつ》と呼んでいます。

 

《湿 しつ》は厳密に言うとサラサラとした感じではなく、ちょっと粘ついたりもたついたりしたイメージです。

 

《湿 しつ》を取るには

1.充分な睡眠をとる

夜熟睡することで身体が休まったり、内臓が順番にデトックスして

新陳代謝を促したりしています。

なので、身体にある余分な≪湿 しつ≫の排泄にも関わってきます。

2.身体を温める

身体が冷えると、血や気の流れが滞りがちになります。

お風呂はシャワーだけで済ませるのではなく、

温めのお湯にしっかりつかることで代謝を促します。

夏用の入浴剤を使ったり、キャンドルを焚いたりして

(火気注意です!)

リラックスできるとなお心地よいですよネ。

3.運動をする

適度な運動は、血や気の巡りをよくします。

また、筋トレで筋肉量をふやすことで基礎代謝量や基礎体温が

上がって、デトックス効果が期待できるのでオススメです!

4.《湿 しつ》を取ったり気の流れを良くする性質の食べ物を摂る

はと麦・緑豆・キュウリ・レモンやグレープフルーツなどの柑橘類

もやし・冬瓜・苦瓜・メロン・スイカなどを普段のごはんに用いる。

これらを覚えていなくても、旬の食材はその季節にあっているので

分かりやすいです。

具体的にはググってみたらスグ出てきますし、

スーパーに行くと「今が旬!」の札が立っていたり

入口近くに「旬のものコーナー」が出来ていたりします。

 

 

 

人間も自然界の一部なので、そのサイクルに沿うと

自然な形での健康体維持ができるという、

「中医学」の考えはとても理に叶っていると

いつも大きくうなづいてしまいます^^

 

5.出来るだけ加工食品や添加物を取らない

日常生活で完全に加工食品や添加物入りのものを摂らないのは

やろうと思えばかなり徹底することもできますが・・。

私の場合は、そこまで徹底する過程でとても疲れてしまう。。。

過去に何度か試みたことがあるのですが、

なんだかギスギスなって難しかったデス。。。

なので今は、家で口に入れるものは、8・9割がた気を付けて、

「もうご飯作るのいやです」という時は外食したり

出来合いのものを買ってきたりしてます。

 

最後に

もともと人間の身体は、いらないものは体外に出すといった

デトックス機能が備わっているので、

体調が悪い場合を除いて、ユルユルと・・・♪

 

ただし、ユルユル加減にも限界はあります。

回数や量はそれぞれだと思うので、

自分にあった方法を試して様子を見て・・・とやっていくと

ベストな方法が見つかると思います。

 

 

 

しっかり1本の軸はあるけれど、あとは時に応じて

柔軟に対応する方法が私には心地よくて

ふと気づいたら「あら、意外と続いてるわ~~」

こんな感じです(笑)

ブログ以外の発信

●Youtube●

●Twitter●

●Insutagram●

こちらもフォローをお願いします!!

〈スポンサーリンク〉



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です