社会と関わること・お金を稼ぐこと

こんにちは。Chintau/中医学養生を広め中(@chintau)です。

今日は人生を進むうえで(とかいうと大げさかもだけど)どのようなことを考えて今まで来たかをちょっと振り返りたいと思ってこんな記事を書きました。

ひとそれぞれ人生がある中で、「こんな人もいるよ」というほんの一例です。もし興味がある方はこの後も読んでね。

 

この記事の見出し—————————————————————————————————–

1.バブル期に結婚

2.不安を感じたら行動に移してみる

3.現在のスタンス

4.ブログ以外の発信

—————————————————————————————————–

 

バブル期に結婚

私が結婚したのは、1989年秋バブル期のこと。とある企業で一般事務をしていた私は結婚が決まると当然のように「結婚退職」をして家庭に入りました。

 

でもほんの1ヶ月くらいで「このままでいいのか?」という気持ちが猛烈に湧いてきて抑えられず、翌年4月から再び学生になりました。学生になったその辺りのことは、少し前にYouTubeでアップしてますので、よかったら合わせてご覧ください。

Chintau 「美容・健康・暮らしの中医学養生」

私の原点は主婦になってから4年制大学を通信課程で卒業したこと[#29]

その後もたまに専業主婦になる期間があったけど(出産して1年くらい)あとは何かしら仕事をしています。

 

不安を感じたら行動に移してみる

「家庭の中だけにいたらきっと私は井の中の蛙」で長い年月で考え方が凝り固まってしまうだろうな、それは嫌だなというのがあるからこんな風に思うのかも・・・。

 

更に「自分の食い扶持くらい自分で稼いぎたい」という願望もあります。幸いなことに我が夫は「俺様は外で一日中働いて稼いでやってる」的な傲慢さはない人なので、おかげさまで結婚生活は既に25年以上続いております(笑)

 

ただ家庭の在り方という面では「夫は外で働いてお金を稼ぐ人・妻は内でそのお金を運用し家事全般を仕切る人」という思い切り昭和な考えが根底にはあり、今も変わらない。これはもう「良い悪い」じゃなくて「そういうもの」という感じ。

 

現在のスタンス

それはかつては度々衝突の原因になったのだけれど、今現在は私も少しは丸くなり?「過去と他人は変えられない」という言葉どおり「じゃ、じぶんが変わればいいじゃん♪」ってことで「今置かれた自分の立ち位置からスタート」し、「一つ一つハードルと感じるものがあればクリアしていく」そんな感覚と言ったらいいでしょうか・・・?!。

 

ま、もちろん結果が出るまでのあいだって結構時間がかかるからジリジリなったり、モヤモヤすることもありますがねぇ(//∇//)…。

 

具体的なクリアする方法などはまたぼちぼち書いて行きたいと思っています。

最後まで読んで下さってありがとうございました 🙂

 

ブログ以外の発信

●Youtube●

●Twitter●

●Insutagram●

こちらもフォローをお願いします!!

 

〈スポンサーリンク〉



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です